高血圧症や狭心症の治療に用いられるカルシウム拮抗薬アダラートの情報がご覧いただけます。現在アダラートを服用中の方も改めてご自分の服用しているお薬について学んでいきましょう。

アダラート服用とオリーブオイルとお茶の摂取について

アダラートはカルシウムブロッカーと呼ばれる高血圧症治療薬です。アダラートなどのカルシウムブロッカーはL型カルシウムチャネルを阻害して、血管平滑筋を弛緩させ、血管が拡張し、血圧を下げる効果を示します。カルシウムブロッカーは降圧作用が強力で、降圧目標を達成するのにはとても便利な薬となっています。ただ併用する薬物や食品類によって作用が増強したり作用が減弱したりします。なぜかというと、アダラートの有効成分ニフェジピンが代表的薬物代謝酵素のCYP3A4によって代謝されるからです。よってCYP3A4によって代謝される薬物と併用するとアダラートの作用は増強し、低血圧や頭痛などの副作用発現につながります。CYP3A4で代謝される薬物としてはSU系血糖降下薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬、ベンゾジアゼピン系薬剤、一部の抗真菌剤などが挙げられますので、このような薬を併用する場合は注意しましょう。
また食品類でもグレープフルーツ、ハーブ(セイヨウオトギリソウ)がCYP3A4の機能に影響します。グレープフルーツの成分はCYP3A4の機能を不可逆的に阻害するのでアダラートの作用を増強します。しかしながら、セイヨウオトギリソウはCYP3A4を誘導し、代謝能を増強します。よってアダラートの効果を減弱させます。
アダラートの有効性にオリーブオイルやお茶は影響を与えるのでしょうか。
オリーブオイルに関してはグレープフルーツ、セイヨウオトギリソウは含まれていない食品です。よってオリーブオイルを併用しても降圧効果には影響しません。お茶は日本茶は問題ありません。ただハーブティーにはセイヨウオトギリソウが含まれることがあるので、降圧効果が減弱する可能性があります。