高血圧症や狭心症の治療に用いられるカルシウム拮抗薬アダラートの情報がご覧いただけます。現在アダラートを服用中の方も改めてご自分の服用しているお薬について学んでいきましょう。

アダラートを服用した場合のLDLとコーヒーとの関係

アダラートは一般的に血圧を下げる必要がある場合に処方されるお薬です。処方薬なので効き目が強く、また、処方される量もその人の体質に合わせる必要があります。アダラートを処方される場合に特に注意されるのがLDLなどのコレステロール値と言われています。アダラートを処方すると血管のカルシウム吸収が阻害されますので血管が広がります。血管が広がれば血流が増えるので血圧自体は落としてくれます。問題なのは効き目です。体質によっては効いた際に立ちくらみや軽い動悸が起きてしまう方がいるようです。また、LDLが一気に下がってしまう方も多いため、LDLの値は特に注意されるようです。アダラートは長期間飲み続けるお薬でもあるので食生活にも注意が求められます。アダラートを処方されたら摂取してはいけないのはグレープフルーツです。グレープフルーツは薬の分解を阻害してしまい、効果が少なくなります。また、血管が膨らみますのでコーヒーなど、カフェインが入っている食品も避けたいところです。コーヒーなどのカフェイン系の食品については量が少なければ問題無いと考える方も多いのですが、アダラートのように体質によって強く効きすぎる方が多い薬の場合はコーヒーなどのカフェインが入っている食品は避けておきたいところです。また、血圧が下がりますが、下がり方がいつものとおかしいと感じたり、下がり過ぎる場合にはすぐに医師の診断を仰ぐことが大事です。高血圧の症状を持つ患者さんにはとても適しているお薬ですが、効きすぎる薬でもあるので処方を守り、また、アダラートに開く盛況を及ぼす食品を避け、興奮を助長するような食品も避けながら治療をつづけることが大事です